fbpx
漁師町の風情を楽しむ拠点
宿のすぐ目の前を、漁船が連なって停泊する「内川」が流れています。川沿いには、漁師の作業小屋「番屋」も点在しています。季節や時間によって変わる水面の表情や、広々と空を舞う海鳥たちの鳴き声に癒されながら、フランクで優しい漁師町の風情をたっぷりとお楽しみください。
漁師の町家をリノベーション
ここは古くから人口の密集した漁師町でした。家の間口は極端に狭く、隣どうしが密着した町家の造り。内川のカーブに沿って家々が建ち並ぶ風景は、他では見られない特別なものです。「水辺の民家ホテル」は、内川沿いにある築100年近い漁師の町家を、リノベーションした建物です。
小さな民家を小さなホテルに
一般的に、10室以上ある洋風の宿泊施設をホテルと言います。2018年、旅館業法改正により旅館とホテルの法的な区別が撤廃されました。そこで私たちは、ホテルの語源である[hospes=もてなす人]を原点に、小さな民家でも、お客様に充実した時間を過ごしていただけるよう、あらゆる努力と工夫をしようと決意しました。
2種のウミドリ≒2軒の宿
水辺の民家ホテルは「カモメ」と「ウミネコ」という2つの宿があります。同じカモメ科の海鳥ですが、生態はかなり違います。カモメは、冬に日本にやってくる、さすらいの渡り鳥。クリクリした丸い目が特徴で、可愛らしいイメージです。ウミネコは、年中日本で暮らす、地元大好き土着鳥。するどいクチバシと切れ長の目が特徴で、凛としたイメージです。
企画・運営者=GNLについて
私たちGreen Note Label(GNL)は、富山を拠点に「まちに貢献する場づくり」を行う会社です。北陸特有の自然環境や、歴史的な建物をリノベーションし、価値の最大化を目指したプロデュース事業をしています。
富山に移住したGNL代表(明石博之)が、射水市新湊を流れる内川の風景に一目惚れして、古民家をカフェにリノベーションしたことがキッカケとなり、地域の歴史や文化を発掘・継承する「マチザイノオト」プロジェクトをスタートさせました。
Book Now.