fbpx
例えばこんな過ごし方はいかがですか?
16:00
内川の景色を味わいながら
民家ホテルのチェックインは16時から。スタッフが宿にてお出迎えいたします。チェックイン後は、お客様だけのプライベートな空間となります。ダイニングテーブルにご用意したお茶やお菓子を召し上がっていただきながら、まずは夕暮れ時の内川をお楽しみください。
17:00
まちの銭湯で疲れを癒す
地元民の寄り合い所のような銭湯。昔はひしめくようにあったのですが年々少なくなっています。今や貴重な銭湯が、徒歩圏内にいくつかございます。お湯は少々熱め。お風呂から上がって、冷たい牛乳を飲み干せば気分はすっかり地元民です。
※お部屋に手さげカゴをご用意しております。タオルや着替え入れとしてご利用ください。
19:00
新湊ならではの味に舌鼓
ホテルから徒歩で10分圏内。新湊の中心部には、地元産の新鮮な魚を使った寿司屋や割烹、居酒屋があります。洋食の気分なら、古民家をリノベーションしたカフェでのディナーもお楽しみいただけます。お好みにあうお店を、チェックイン時にご紹介いたします。もちろん、食材を仕入れてキッチンで気ままにお料理をするのもおすすめです。
21:00
上質なバーで大人なひととき
ホテルから内川沿いを10分ほど歩くと、アメリカ人オーナーが経営する古民家をリノベーションしたバーがあります。その名も「ブリッジ・バー」。カウンター越しにオーナーやスタッフとの会話はもちろん、地元の人と交流も楽しめる「架け橋」のようなバーです。独創的ながら落ち着く空間で、厳選された美味しいウイスキーやカクテルをお楽しみください。
23:00
ゆらめく水面に思いを映す
この時間になれば、道を歩いている人はほとんどいません。漆黒の輝きを放つ水面に街灯がきらめく、美しい内川の景色を独占できます。空も水面も町並みも一体となった空間で、ロマンチックな時間をご堪能ください。内川へ落ちないよう、お酒はほどほどに!

6:00
漁師町の朝の空気を味わう
漁師たちは深夜に漁に出かけます。朝のこの時間帯は、まだ漁から戻ってきていない船も多く、内川沿いの船はまばら。昼間とは少し違った景色です。朝の清々しい空気を吸いながら水辺を散歩すれば、夜更かしした人も目が覚めるはず。商店街までは歩いて3分、朝6時から営業しているパン屋さんもあります。
9:00
朝食の時間と食べ方は自由
朝食をご注文の方には、材料と調理器具をご用意しております。お客様のペースで、自分好みの調理方法で、朝食をお召し上がりください。お食事後は、内川を眺めながら二度寝するのも気持ち良いですよ。
11:00
ご出発の準備はゆったりと
チェックアウトは午前11時まで。荷物のお預かりもいたしますので、心ゆくまで内川をお楽しみください。
内川は、昭和レトロな漁師町の風情があふれています。静かな田舎町にゆったり流れる時間は、普段の忙しい毎日に足りない何かを補給してくれることでしょう。そんな内川を満喫すべく、ぜひ2泊連続でお泊りいただくのをおすすめします。内川を巡る遊覧船に乗ったり魚市場のセリを見学したりして周辺観光を楽しむもよし、カメラ片手に古民家と路地を探訪するのもよしです。また、ホテルにこもって本を読んだり考えごとをしたりするのも贅沢な過ごし方です。
Book Now.